123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-05 (Fri)
久しぶりにバイト時代のお話です☆

バイト時代、常連のお客さん2人組が、
珍しく、めちゃめちゃイケメンの若い人を連れて来たんです。
あえて言うなら背はちょっと低めでしたが・・・。(160センチちょい?)

その人もいつの間にかほぼ毎日お店に通ってきてくれるようになって、
カウンターでの注文時に、話すのがとても楽しい時間でした。
何より、笑顔がすごく素敵な人でした。

バイトは色々、珍客や珍バイト&珍正社員に囲まれていたんで
しんどい日々で・・

その頃・・
遠距離恋愛中だったんですが
何だか離れてる時間やすれ違いで
気持ちが何度も崩れそうになりながらも
頑張ろうとしてた自分が居ました。

バイトの同年代の友達や、一部の優しい常連さんのお陰で頑張ってこれた気がします。
彼も、その中の支えの一人で。

そんなある日、

彼が珍しく一人でお店に食事に来ました。

彼がふいに真顔になって

「俺、転勤する事に・・・なってさ。
今まで、どうもありがとう」

”ありがとう”の部分だけ、彼がいつもの笑顔になっていて・・
一瞬言葉にならなくて、
なんていえばいいのか分からなくて・・

「転勤ですか・・
新しい場所でも頑張ってくださいね!
応援してます!こちらこそ、今まで本当にありがとうございました


何だか大したことが言えずに居ました。

何だかサビシイ?
今日で会えなくなるんだ?

彼が食事を終え、帰り際最後に
もう一度お別れの挨拶をしました。

あの頃は
寂しさに理由を見つけられづにいたけれど・・

今思うと
ちょっと彼に惹かれていたのかもしれません(汗)


言葉にも想いにも結びつけずにいたのは


彼の銀色の指輪が
いつも薬指に光っていたからかもしれません・・。










・・・・ちっと物語風に書いてみました☆
人を離れながらも想うのはすごくしんどい思い出です。
もう一度遠恋はとてもできない・・。
















スポンサーサイト
* Category : バイト時代の珍客話☆
* Comment : (0) |
個別記事の管理2008-09-04 (Thu)

マイクジャック縮小




もう5年前くらいになるでしょうか

某 牛丼チェーン店でバイトしてる頃のお話。



主に 女子はカウンターでお客さんの注文を聞いて

マイク通して 厨房に伝えたり商品を運んだり 片付けがお仕事。



マヤ吉は 結構な確立で 珍客に遭遇してました。

中でも印象的だったのが



「マイクジャック男」


主に朝から 昼間でシフトに入っていたマヤ吉。

ほぼ常連客ばかりで占められる時間帯でしょうか。




しかし。。。


珍客との突然の出会いは来ました。




夏のある日。

昼のピーク前

11時頃。



いつものようにピーク前の下準備に追われている時間。


ちょっと小太りでメガネをかけ

耳には胸ポケットに入れたウォークマンから伸びたイヤホンが。

右手には小さい参考書らしきもの。




ここまではまぁ普通のお客さんです。



「いらっしゃいませヾ(>▽<)oお持ち帰りですか?こちらでお召し上がりでしょうか?」

マニュアルでこう言わなきゃいけなかった当時。




す・・・っ とお客さんは顔を上げ



突然カウンターのマイク奪い、


自分に向けた!







「●△×■~!!」




日本語では無く

多分中国語?

な感じだった。


残念ながら

なんて言われたのか分からないし

突然マイクを奪われたので

さすがにいつも以上に

マヤ吉の気が動転どころでは無い!


ただでさえヒヨコハートなのに

心臓が小躍り状態。




呆気にとられていると


お客さんは

ニヤリと笑い

今度は


マイクに向かって




「・・・並一つ」


と、つぶやいた。



どうせなら大盛にしなよ!怒る怒る


めっちゃ日本人じゃんかーきいい




まったく人騒がせにもほどがあるムカ


覚えたての外国語を披露したかったのか


はたまたマヤ吉を からかってたのか・・


真実は今となっては迷宮入りだが


バイトを辞めるまでの2年の間

そのお客さんにマイクジャックされるのは

マヤ吉だけであった・・汗



余談だがたった一度


ジャックされなかった事がある。

他のお客さんがいつもより多かったその日。


ジャックされずに並の注文をもらった。

カレにも人並みの 羞恥心があったらしい・・。


でもあの頃にもう一度戻れたら

カレに聞きたい。

謎の言葉の意味を。

あの時はまじで外国のお客さんかと思いました!
* Category : バイト時代の珍客話☆
* Comment : (2) |

わー・・・; * by はとり
なんだったんですかね~このマイクジャック男は!
もしや、マヤ吉さんに気があってちょっかい出してた・・・のかな?

「牛丼屋物語」面白いです!
楽しみにしてますねi-179

* by マヤ吉→はとりさん☆
う~ん。からかわれてたのは間違いないかもしれませんe-263
牛丼屋物語を思い出せる限り更新したいですヾ(=^▽^=)ノ
読んでくださってありがとーございます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。